暗号資産用語[あ行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

アルトコインとは

アルトコインとは、ビットコイン(BTC)以外の暗号資産(仮想通貨)のことをいいます。

その意味としては、アルトコインは正式にはAlternative Coin。

日本語に直訳すると【代替のコイン】のという意味合いになり、この代替とは、暗号資産(仮想通貨)の代名詞と言えるビットコイン(BTC)の代替という意味合いによるものなのです。

ポイント!

●アルトコインというコインはあるわけではなく、ビットコイン以外のコインだということ
●アルトコインは時価総額が高いもの[イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など]から低いもの[草コイン]もアルトコイン
●アルトコインは将来性が期待できると言われているものがあり代表的を挙げてみました
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ポルカドット(DOT)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ネム[NEM](XEN)
コスモス(ATOM)
アイオーエスティー(IOST)
エイダコイン(ADA)
*開発目的が明確・プロジェクトが明確、企業が関わっているなどが理由

※購入に迷うようなら、まずは掲載のアルトコインの時価総額を調べからの購入判断いただくがいいでしょう

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    イーサリアムクラシックとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    エンジンコイン(ENJ)とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    オーダーブックとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Ask(アスク)とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    エアドロップとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Everdome(DOME)とは

PAGE TOP