暗号資産用語[英字]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

Cryptocurrency(クリプトカレンシー)とは

Cryptocurrency(クリプトカレンシー)とは暗号資産(仮想通貨)の英語表記で、crypto(暗号)とcurrency(通貨)を組み合わせた言葉です。

海外では一般的に「Cryptocurrency」もしくは「Crypto」と呼ばれており、この流れから2019年の法改正により日本政府や日本銀行は「仮想通貨」の正式名称を「暗号資産」に変更しました。

暗号資産(仮想通貨)とは電子データのみでやり取りされる暗号化されたデジタル通貨のことで、各国家による価値の保証はありません。

例えば、私たちが普段当たり前に使っている日本円は「法定通貨」と呼ばれ、これは国によって価値が保証されています。
そのため日本国内のどこでも日本円で買い物することかできるのです。

一方、暗号資産(仮想通貨)は国によって保証されていません。
重要と供給の関係価値は社会情勢等により大きく上下する特徴があり、運用にあたってはチャートのチェックは必要不可欠です。

暗号資産(仮想通貨)について詳しい解説はこちらをご覧ください!
暗号資産とは

ポイント!

●暗号資産(仮想通貨)の英語表記
●電子データのみでやり取りされている
●価値の上下が激しいのでチャートのチェックは必要不可欠

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    P2Pとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ICOとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ERC-20とは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Dapps(ダップス)とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    DDoSとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    IEO(Initial Exchange Offering)とは

PAGE TOP