暗号資産用語[英字]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

ICOとは

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の頭文字をとった略称で、暗号資産(仮想通貨)によって資金を調達する方法のひとつです。
個人や企業がトークンなどの独自の暗号資産を新規発行し、それを世界中の投資家に購入してもらうことで資金を集めます。その暗号資産の開発方針や目的のプロジェクトに賛同して購入することで、投資家は開発元のサービスを受けることができ、暗号資産の価値が上昇すれば自身の資産を増やすこともできるのです。ICOはクラウドファンディングに近い仕組みといえます。

最初のICOが2013年に始まって以降2017年頃までは盛り上がりを見せ、暗号通貨(仮想通貨)そのものの急騰も著しく、比較的容易に資金調達できるICOプロジェクトは一気にメジャーになりました。ところが、2018年頃にはこの仕組みを悪用したICO詐欺が横行してしまい、数多くのプロジェクトがある中で良いものを見極めるのは非常に難しくなってしまいました。

投資先のプロジェクトに透明性と将来性があるのか、ICOに当たっては慎重な見極めが重要なのです。
将来性があって信頼のおけるプロジェクトであればハイリターンが期待できる一方、こういった現状においてICOはハイリスクでもあるといえます。※現在、ICOは数少ないとされています

ポイント!

・イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略称で資金調達方法のひとつ
・当初は盛り上がっていたが2018年頃からICO詐欺が横行
・ハイリスク・ハイリターン

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    PoW(Proof of Work / プルーフオブワーク)とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Move to Earn(M2E)とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ERC-20とは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    DDoSとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    P2Pとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    IEO(Initial Exchange Offering)とは

PAGE TOP