暗号資産用語[英字]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

P2Pとは

P2P(ピアツーピア/ピアトゥーピア)とは「peer to peer」の略語で、中央機関やサーバーを置かず、参加している端末(peer)同士で直接取引を成立させる仕組みのことを指します。暗号資産(仮想通貨)だけでなくインターネット全般におけるネットワークモデルのひとつです。

例えばインターネットでどこかのWebサイトにアクセスしようとするとき、一般的に中央で管理しているサーバーにアクセスすることでサイトの閲覧が可能になります。これに対してP2Pではユーザーの端末同士で直接やり取りをすることができるため非常に迅速に処理することができるのです。身近な例で挙げると、LINEやSkypeといったメッセージコミュニケーションサービスがP2Pに当てはまります。

暗号資産(仮想通貨)においては、基本的にP2Pの仕組みのもと、ブロックチェーンの導入によって世界中に広く普及しました。ブロックチェーンとは分散型取引台帳とも呼ばれ、取引データをひとまとめにしてブロックを生成し、これをチェーン(鎖)に繋げて管理するデータベースです。

P2Pにブロックチェーンを導入することによって、増え続ける取引データ処理量を分散させることで処理速度向上と低コストでの構築・運営、参加している端末同士で監視し合うことでデータ改ざんなどのリスク回避が実現できました。
ちなみに端末(peer)とは多くの人が持っているようなPCやノートブック、規模に関わらずサーバーも含まれ、ノード(Node)と呼ばれることもあります。

ポイント!

●「peer to peer」の略語
●中央管理者を置かず、参加している端末(peer)同士で直接取引を成立させる仕組み
●P2Pにブロックチェーンを導入したことで暗号資産(仮想通貨)は処理速度の向上、低コスト構築・運営、データ改ざんなどのリスク回避を実現

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Cryptocurrency(クリプトカレンシー)とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    PoW(Proof of Work / プルーフオブワーク)とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    PoI(Proof of Importance / プルーフオブインポ…

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Play to Earn(P2E)とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    DDoSとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    IEO(Initial Exchange Offering)とは

PAGE TOP