暗号資産用語[英字]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

PoW(Proof of Work / プルーフオブワーク)とは

PoW(Proof of Work / プルーフオブワーク)とは、ブロックチェーンにおけるブロック合意形成(コンセンサス)アルゴリズムのひとつです。
PoWの他に、PoI(Proof of Importance / プルーフオブインポータンス)PoS(Proof of Stake / プルーフオブステーク)が挙げられます。

ここではPoWについて初心者向けに説明していきます。
PoWは、ブロックチェーンのブロック生成のために取引の検証作業をハッシュ関数を用いて行い、最も早く計算を終了させた個人または団体が報酬として新しいコインを得ることができる仕組みです。この検証作業をマイニング、作業する人をマイナーと呼びます。
中央管理者のいないブロックチェーンにおいて、高度なセキュリティを保つうえで最も有効な手段であると言われており、二重支払を防ぐことを目的に開発されました。

PoWを導入している銘柄で代表的なものは時価総額第一位のビットコインです。
有名銘柄でユーザー数も多く、それ故にビットコインの取引量は膨大で、マイニングにあたっては高性能コンピューターを24時間365日フル稼働させなければなりません。現在はこの消費電力が懸念されており、スイス全土の消費電力と同程度であると言われています。

また、悪意のあるマイナーがビットコインネットワーク内の51%のハッシュレートを支配することで不正に取引することができてしまう「51%攻撃問題」や、資金力のあるマイナーがマイニングプールを占領してしまうことにより分散型が売りであるはずなのに中央集権化してきてしまう問題なども抱えています。

PoWの代替システムとして、イーサリアムが採用しているPoSが注目されています。
PoSではマイニングではなくステーキング(コインを保有しプールすること)となり、ステーキングは普段目にする程度のコンピューター端末(ノード)で行うことができるため、消費電力の大幅な軽減と、より多くのユーザーがステーキングに参加できるようになりました。参加するノードが増えれば更なる分散とハッキング防止が期待できるのです。

ポイント!

●ブロックチェーンにおけるコンセンサスアルゴリズムのひとつ
●マイニングを最も早く終了させたマイナーが報酬として新しいコインを与えられる仕組み
●大幅な電力消費、不正取引の可能性、中央集権化が懸念されている

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Play to Earn(P2E)とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Move to Earn(M2E)とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    PoS(Proof of Stake / プルーフオブステーク)とは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    NFTとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    P2Pとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    RSI(Relative Strength Index)とは

PAGE TOP