暗号資産用語[は行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

ハッシュ値とは

ハッシュ値とは、データを変換して得られる固定長のデータのことで、「固定長」とはデータ量があらかじめ決まっていて変化しないことを指します。
ハッシュ値は入力したデータの逆算が不可能となっており一方向にしか演算できないという特徴を持っています。つまり「ハッシュ化したデータ」の復元は不可能となるため、データ処理の高速化やデータ改ざんの検知に適しており、暗号資産(仮想通貨)において広く利用されています。

このハッシュ値を算出するための関数が「ハッシュ関数」と呼ばれるものです。
例えばビットコインマイニングでは、ブロックチェーンに矛盾が生じていないか、不正な取引が行われていないか等を確認するために利用されており、マイナーは膨大な量の計算が必要になります。

ポイント!

・データを変換して得られる固定長のデータのことで、ハッシュ化したデータの復元は不可能
・ハッシュ関数によってハッシュ値が算出される

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    フィアット通貨とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    発行量とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ハッキングとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    プラズマとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインアドレスとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    秘密鍵とは

PAGE TOP