暗号資産用語[は行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

プラットフォームとは

プラットフォームとは、日本語で「土台」や「基盤」といった意味を表します。様々な場面でプラットフォームという用語は使われており、単独で成立するものではありません。

IT分野においてのプラットフォームとは、そのサービスやアプリケーションソフトが動作するための環境とも言えるでしょう。
例えば、スマートフォンに入っているアプリのプラットフォームはiOS・Android等のOSで、WindowsやChromeといったハードウェアのプラットフォームはコンピューター(パソコン)となります。つまりプラットフォームとはそれぞれのつなぎ目の役割を果たしているのです。また、基本的に特定のOS専用のアプリは違うOSで動作することはできません。

ポイント!

・日本語で「土台」や「基盤」といった意味
・IT分野においてのプラットフォームとは、そのサービスやアプリケーションソフトの動作環境のこと
・特定のOS専用のアプリは違うOSで動作することはできない

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    プラズマとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ポンジスキームとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ハードフォークとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ブロックチェーンとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    秘密鍵とは

PAGE TOP