暗号資産用語[は行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

分散型取引所(DEX)とは

分散型取引所(DEX)とは、中央管理者を介さずにスマートコントラクトによって暗号資産(仮想通貨)やトークンの取引を行うことができる交換所を指します。DEXは「Decentralized Exchanges」の略称です。

日本で金融庁に認可されている暗号資産交換業者はすべて中央集権型取引所(「Centralized Exchanges」を略して「CEX」)と呼ばれるものです。取引所に秘密鍵の管理を任せ、取引所を仲介者として取引が行われています。また、CEXでは暗号資産から法定通貨(円やドル等)との交換も可能で本人確認も必要になります。

対してDEXでは、自動的に取引がなされるようアルゴリズムが組まれており、仲介者を介すことなく本人確認不要でユーザー同士が直接やり取りできるシステムが実現しているのです。取引はブロックチェーンに記録されるためセキュリティ面で比較的安心できると言えますが、秘密鍵は自分自身で管理しなければならず、暗号資産から法定通貨への交換はできません。

DEXは交換所自体の倒産やハッキングといったリスクは避けることができる一方、本人確認がないためにマネーロンダリング等に利用される可能性があることに留意が必要です。加えて、DEXのユーザー数はCEXに比べ少ないことから流動性が低くなるといったデメリットもあります。

ポイント!

・ユーザー同士が直接やり取りできる
・暗号資産から法定通貨への交換不可、本人確認不要
・ユーザー数が少ないため流動性が低く、マネーロンダリング等の対策が必要

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    半減期とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ホワイトペーパーとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    秘密鍵とは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ハッキングとは

PAGE TOP