暗号資産用語[は行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

発行量とは

発行量とは、すでに発行されて世界中で流通している暗号資産(仮想通貨)の総量を指します。
ほとんどの暗号資産はインフレ(資産価値が下がること)を起こさないようにするため、それぞれの発行量に上限が定められています。

また、発行上限が定められてる暗号資産は、ブロックごとにマイニング(採掘)される量も定められています。
マイナー(採掘者)が増えてくるとコインベースが半分になる半減期に切り替えてマイナーを減らすというサイクルを繰り返すことで、発行量の上限を超えずとも暗号資産を流通させるようにしているのです。

例えばビットコイン(BTC)の場合、発行量の上限は2,100万枚で半減期は4年に1度となります。
半減期を迎えることでマイナーは減るため、マイニングで上限の2,100万枚まで到達することのなようにしているのです。

例外として、イーサリアムには発行上限が設定されていません。
上限が定まっていない場合は比較的価格上昇が起こりにくく、安定した相場となる傾向にあるのが特徴で、法定通貨(円やドル等)のように枚数の増減を自由にすることができます。

ポイント!

・世界中で流通している暗号資産(仮想通貨)の総量
・インフレ防止のための上限設定
・イーサリアムには発行上限なし

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    秘密鍵とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインキャッシュとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインアドレスとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ボラティリティとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ハッシュ値とは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    販売所とは

PAGE TOP