暗号資産用語[か行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

現物取引とは

現物取引とは、一般的な暗号資産(仮想通貨)取引のひとつで、実際に引き出すことの出来る”現物”を売買する取引のことです。

流れとしては、
まず自分が持っている円やドルなどの法定通貨で支払って暗号資産を購入します。その暗号資産を現物取引ができる取引所に預け入れ、売却することで法定通貨を引き出すことができます。

このように実物を伴って暗号資産を売買することを現物取引と言うのです。

ポイント!

・一般的な暗号資産(仮想通貨)取引のひとつ
・実物を伴って暗号資産を売買すること

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    キャピタルゲインとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    逆指値とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    草コインとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    仮想通貨とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    コンセンサスアルゴリズムとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    クラウドマイニングとは

PAGE TOP