暗号資産用語[ま行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

メタバースとは

メタバースとは、「超越した」を意味する「meta」と、「宇宙・世界」を意味する「universe」の2つを組み合わせた造語で、インターネット上の3次元仮想空間のことを指します。
メタバースのユーザーは自身の分身となるアバターを操作し、アバター同士の交流はもちろん、メタバース内に作られた街を歩き回ったりショッピングをしたりすることができます。

身近な例を挙げると、ゲームのマインクラフトやどうぶつの森もメタバースの一種です。また、イメージとしてわかりやすいのは映画「レディ・プレイヤー1」「フリーガイ」、アニメ映画では「サマー・ウォーズ」「竜とそばかすの姫」などの世界観が近いと言えるでしょう。いずれもインターネット上の3次元仮想空間内でアバター同士の交流を持たせ、活躍させています。

メタバースという言葉自体は暗号資産(仮想通貨)が生まれるよりもずっと前の1992年にNeal Stephenson氏が発表した小説で使われたのが始まりと言われているようです。
以前から映画やゲーム、考え方として存在していたメタバースが近年改めて注目されているきっかけとなったのは、2021年に世界的大手のSNSを運営しているFacebook社が「Meta」に社名変更したこと、そしてNFTが盛り上がりを見せていることが挙げられます。

NFTとはNon Fungible Tokenの頭文字をとった略称で、ブロックチェーン技術を利用したデジタルデータのことです。
メタバース内にNFT市場を参入させることで、ユーザーはより安全に、よりリアルに近い状況で資産管理をすることができます。NFTのアイテムや土地の購入にあたっては暗号資産(仮想通貨)が必要不可欠になるため、メタバースの暗号資産(仮想通貨)も注目を集め始めており、すでに多くの企業や個人がメタバース内で活動しています。

コロナ渦も相まって、メタバースは新たなコミュニケーションツールとして、新たな稼ぎ方として今後も目が離せません。

ポイント!

・インターネット上の3次元仮想空間のこと
・メタバース内にNFT市場を参入させることで、よりリアルに近い状況で資産管理をすることができる
・新たなコミュニケーションツール、新たな稼ぎ方となっている

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    マイニングプールとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    マイナーとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    マイニングとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    マイクロペイメントとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    マルチシグとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    マイニングリグとは

PAGE TOP