暗号資産用語[な行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

ネムとは

ネム(NEM)とは、数あるアルトコインの内の一つで、2015年3月に公開されました。
NEMは「New Economy Movement」(新しい経済活動)の頭文字からなる略称で、ブロックチェーン技術を備えた新しいプラットフォームの確立を目標としています。2017年にはシンガポールで非営利団体「NEM財団」が発足され、ブロックチェーン技術活用のさらなる躍進を目指しています。

通貨名は「XEM」で、NEM公開時に発行された約90億XEMを上限としており、今後発行されることはありません。

ネムが持つ最大の特徴として、その処理速度の速さが挙げられます。
例えばビットコイン(BTC)は約10~40分で1ブロックが生成され送金完了となりますが、ネムは約1分で送金完了することができます。手数料もビットコインと比べてかなり抑えることができるため、NEMの公開当初は大注目の暗号資産でした。

ビットコインの取引承認作業を「マイニング」と呼びますが、ネムでは「ハーべスティング」と呼ばれています。
約1分に1回行われているハーべスティングへの参加資格は、一定期間1万XEM以上保有することで与えられ、アカウントの重要度に応じた報酬が支払われる仕組みです。
アカウントの重要度はPoI(Proof of Importance)の「PoIスコア」で管理されており、XEMの保有数・保有期間・取引量などを参考にPoIスコアが算出されています。
作業量と速度で報酬が決まるマイニングよりもアカウントの重要度によって報酬が決まるハーベスティングは、設備資金や人材に余裕のないユーザーが低コストで始められるのも魅力の一つです。

ネムはセキュリティーレベルが高いことでも名が知られています。
「Eigen Trust++」(アイゲントラスト)というアルゴリズムの実装により、ネムユーザーのノード(端末)同士で監視や評価を行うことで悪質なノードの見極めを実現しているのです。つまり、あるノードが不正を企てても、他のノードが瞬時に検知して排除することが可能となります。

また、ネムには独自トークンを発行するモザイク機能が備わっており、ユーザーは簡単に独自のトークンを発行(ICO)できます。独自に発行したトークンを市場にリリースして資金調達することで、個人でも企業でもクラウドファンディングのように収益を得られる可能性があるのです。

ネムは今後のプロジェクト方針としてデジタルアート関連にも注力しており、今話題のNFTにも通ずることから引き続き注目すべき暗号資産と言えるでしょう。

ポイント!

・2015年3月に公開された暗号資産(仮想通貨)
・処理速度が速く、セキュリティーレベルも高い
・個人・企業が独自トークンを発行できる

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    成行注文とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ノードとは

PAGE TOP