暗号資産用語[ら行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

レンディングとは

レンディングとは、自身が保有している暗号資産(仮想通貨)を取引所に一定期間貸し出して、満期になった時点で数%の利息を受け取ることで利益につなげる仕組みのことを指します。取引所によってルールが異なりますが、だいたい3~5%が一般的で、「貸暗号資産」と呼ばれることもあります。

取引所に貸した暗号資産は別のユーザーへの融資にあてられるため、取引所を介して別ユーザーへ貸していることになります。
暗号資産を借りたユーザーは、手数料を支払い借りた暗号資産で売買などの取引をすることができます。
暗号資産を貸したユーザーは、満期を迎えたら取引所を介して、利用料として暗号資産を得られるのです。

つまりレンディングを利用して暗号資産を貸すと、自分で暗号資産取引をせずとも暗号資産を手に入れることができる仕組みになります。

注意点として、契約期間中は貸し出した暗号資産を動かすことができません。
そのため、預けていた銘柄の市場価格が暴落しても保有し続ける必要があります。どうしても解約したい場合、取引所によっては中途解約が可能ですが、解約の際には中途解約手数料が発生します。また、そもそも預けている取引所自体が倒産するリスクも視野に入れておかなければならないのです。取引所が倒産した場合、預けていた暗号資産の一部または全部が返還されず泣き寝入りすることもあり得ます。

トレードすることなく暗号資産を稼げるレンディングは、チャートに張り付く必要もないため初心者やあまり時間を割けられない人におすすめのサービスですが、リスクがあることも頭に入れておきましょう。

ポイント!

・保有している暗号資産(仮想通貨)を取引所に一定期間貸し出して、満期になった時点で数%の利息を得られる仕組み
・トレードすることなく暗号資産を稼げる
・契約期間中は貸し出した暗号資産を動かすことができない等のリスクあり

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リレー取引とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リスク(Lisk)とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ロングポジションとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リップル(XRP)とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ロードマップとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    レバレッジ(取引)とは

PAGE TOP