暗号資産用語[英字]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

IEO(Initial Exchange Offering)とは

IEOとはInitial Exchange Offering / イニシャル エクスチェンジ オファリングの略称で、プロジェクトが発行するトークンを暗号資産(仮想通貨)取引所が告知・先行販売する仕組みのことを指します。このIEOに参加することで投資家は、市場で一般公開される価格よりも低い価格でトークンを購入することができるのです。

ICO(Initial Coin Offering)のトークンはパブリックブロックチェーン上で発行されるため、発行元や目的が曖昧になってしまう点が懸念されています。
一方、IEOのトークンは取引所による審査を経て発行されるため、比較的信用のおける投資になると言えるでしょう。

主に海外の取引所では積極的にIEOを導入しており、取引所独自のトークンを一定数以上保有しているユーザーへIEOへの参加資格を与えています。

ポイント!

・Initial Exchange Offering / イニシャル エクスチェンジ オファリングの略称で、プロジェクトが発行するトークンを取引所が告知・先行販売する仕組みのこと
・ICOトークンに対し比較的信用がおける投資
・主に海外の取引所で積極的にIEOを導入している

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ERC-20とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    PoI(Proof of Importance / プルーフオブインポ…

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    KYC(Know Your Customor)とは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    Play to Earn(P2E)とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    SEC(米国証券取引委員会)とは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    DDoSとは

PAGE TOP