暗号資産用語[は行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

秘密鍵とは

秘密鍵とは、暗号資産(仮想通貨)の保有者だけが持っている鍵のことで、プライベートキーとも呼ばれています。
この「秘密鍵」と「公開鍵」の2種類が対になり、データの暗号化と復元をできるようにしています。

暗号資産取引は、資産の所有者が保有しているアドレスを通じて行われますが、そのアドレスは公開鍵データから変換して作成され、公開鍵は秘密鍵によって作成されます。そして公開鍵で暗号化されたデータは対になる暗号鍵でしか復元することができません。公開鍵から秘密鍵が特定されることは不可能です。
ちなみに「鍵」と呼ばれてはいますが実際はパスコードに近い数字の羅列になります。

暗号資産の送付時、電子署名済みの暗号化された秘密鍵と公開鍵を照合し、情報に改ざんがないのかどうかを確認することで安全な取引を行うことができる方式です。
この仕組みは、秘密鍵が他者に渡ってしまうと自分のアドレスから勝手に送金される恐れがあるということにつながります。
そのため、秘密鍵の管理は厳重に行わなければなりません。

ポイント!

・「公開鍵」と「暗号鍵」の2種類が対になり、データの暗号化と復元ができる
・秘密鍵から公開鍵が作成される
・秘密鍵と公開鍵を照合し、情報に改ざんがないのかどうかを確認して取引を行う

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ペーパーウォレットとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ハードフォークとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    発行量とは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ポンジスキームとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインアドレスとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ホールドとは

PAGE TOP