暗号資産用語[か行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

逆指値とは

暗号資産(仮想通貨)の売買価格を自分であらかじめ設定しておく注文方法に「指値」・「逆指値」があります。

シンプルに説明すると、
指値 :仮想通貨が〇円以下になったら買う、〇円以上になったら売る
逆指値:仮想通貨が〇円以上になったら買う、〇円以下になったら売る
という注文方法です。
このページでは逆指値について解説します。指値についてはこちらをご参照ください。⇒ 指値とは

逆指値とは、”暗号資産(仮想通貨)をより高く買い、より安く売ること”を目的としています。
これだけ聞くと、損してしまうのでは?と思う方もいるかと存じますが、「逆指値で注文すること」を言い換えると「上昇トレンド・下降トレンドに乗ること」なのです。

わかりやすくするために一例を挙げましょう。
チャートを見て、価格が上昇傾向にある通貨を決め、1通貨あたり30万円のタイミングで「1通貨50万円で買う」という逆指値注文をしたとします。
その後も価格が上昇を続け、1通貨あたり100万円になれば、50万円も安く購入できたことになるのです。
逆もまた然り、価格が下降傾向にある通貨を決め、1通貨あたり50万円のタイミングで「1通貨30万円で売る」という逆指値注文をしたとします。
その後も価格が下降を続け、1通貨あたり30万円を下回ったときに、20万円高く売却できたことになるのです。

“暗号資産(仮想通貨)をより高く買い、より安く売ること”という目的を果たし、利益につなげることができましたね。
また、一度注文しておけば都度チャートを見続ける必要はなく、売買のタイミングを狙うだけ済むのもメリットと言えます。

とはいえ、上昇・下降トレンドを見極めるのは大変難しいのが現実です。
上昇を見込んで逆指値注文をし、その後急落すれば大きな損失になり、
下降を見込んで逆指値注文をし、その後高騰すればいつまでも売買は成立しないことになります。

逆指値注文をする際は、最新ニュースを追い、チャートを深く見極めなければならないのです。

ポイント!

・仮想通貨が〇円以上になったら買う、〇円以下になったら売る
・上昇トレンド・下降トレンドに乗ること
・トレンドの見極めは難しく注意が必要

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    QTUMとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    仮想通貨とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    クラウドマイニングとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    草コインとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    コンセンサスアルゴリズムとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    コインエイジ(Coin Age)とは

PAGE TOP