暗号資産用語[な行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

ノードとは

ノードとは、情報通信のネットワーク上にある通信機器(コンピューター、ハブ等)のことです。
暗号資産(仮想通貨)業界においてのノードとは、暗号資産のネットワークに接続している端末(PC、スマートフォン、タブレット等)を指します。

ノードの機能としては以下の4つです。

ウォレット:暗号資産の保管機能
・マイニング:トランザクションの承認作業を行う機能
・ブロックチェーンデータベース:トランザクションの管理(ブロックチェーン技術のこと)
・ルーティング:データ送信の通信経路を割り出す機能

すべてのノードがすべての機能を備えているわけではなく、また取引所によって名称の違いや特有の機能を持つ場合もありますが、大きく分けると2種類のノードがあります。

【フルノード】
ブロックチェーン技術を有し、トランザクションに不正が無いかなどを検証してブロックチェーンの信頼性を保つノード。
すべての記録を保持する「アーカイブノード」と、容量トラブル回避のため過去のブロックを削除する「剪定ノード」がある。

【軽量ノード】
ブロックのヘッダー部分のみをダウンロードするノード。
データ量が少ないため検証速度が速いのが特徴で、多くのウォレットで採用されている。
別称「SPVノード」(SPVはSimplified Payment Verificationの略)。

ポイント!

・暗号資産のネットワークに接続している端末
・ウォレット、マイニング、ブロックチェーンデータベース、ルーティング機能がある
・大きく分けて「フルノード」「軽量ノード」の2種類

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ネムとは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    成行注文とは

PAGE TOP