暗号資産用語[ら行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

リスク(Lisk)とは

リスク(Lisk)とは、2016年に登場した暗号資産(仮想通貨)で、イーサリアムイーサリアムクラシック同様にスマートコントラクトを用いた分散型アプリケーションプラットフォームのことを指します。このプラットフォーム内で使用される通貨もリスクと呼ばれますが、表記は「LSK」です。
リスク(Lisk)のプログラミング言語は世界的にメジャーなJavascriptを採用しているため多くの開発者が参加しやすいプラットフォームといえます。また、リスクのネットワークに参加している全員が分散的にデータを管理し、仕様変更などの今後の方針に携わることができるのです。
このように多くの参加者によって日々進化していくリスクには通貨の発行上限が設定されていないため、インフレ防止や希少性を保つために300万ブロックごとに新規発行枚数が減少していくシステムになっています。

セキュリティ面で特徴として挙げられるのがサイドチェーンを使用している点です。
メインのブロックチェーンの補助的な役割を持ち、セキュリティ強化だけでなく、取引処理能力の向上や新機能の実装・改善を低リスクで行うことにも貢献しています。

リスクでは保有しているだけで利子・配当が受け取れるステーキングサービスを採用しているのも特徴的。
例えばリスク購入後に価格が暴落しても、売却せずに保持さえしていれば利子や配当を受け取ることができるので、暗号資産を長期的に保有して金利運用していきたいという人に向いているといえます。

ビットコインマイニング(採掘)によって取引の承認作業が行われていますが、これに対しリスクでは「フォージング(鋳造)」という承認システムが利用されています。
フォージングとは、リスクの保有量によって投票権を割り当てられたユーザーが、取引承認を行う101人の承認者を投票によって選出し、選ばれた101人の承認者は割り当てられた順に取引承認を行うシステムのことです。そして承認者は取引承認作業への報酬として取引手数料と新規発行リスクを得ることができます。

ポイント!

・スマートコントラクトを用いた分散型アプリケーションプラットフォーム
・保持しているだけで利子・配当を受け取ることができる
・「フォージング」という承認システムを採用

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    レバレッジ(取引)とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    レンディングとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ロードマップとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リスクヘッジとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リップル(XRP)とは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リレー取引とは

PAGE TOP