暗号資産用語[ら行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

レバレッジ(取引)とは

レバレッジ(取引)とは、保有している資金を取引所の口座に証拠金として預けることで担保とし、証拠金の数倍の金額で取引できる方法のことを指します。少ない資金で大きな利益を出せる可能性がある取引方法です。ちなみに「レバレッジ」とは日本語で「てこの原理」を意味し、小さな力で大きなものを動かせることに由来しています。

例えば、資金50万円をレバレッジ2倍で取引した場合、100万円で暗号資産(仮想通貨)取引をすることができます。この差額の50万円で決済されるので現物を介しません(差額決済)。
現物取引とは違って実際に金銭の授受は行われないため、取引所に借金するということではないのです。

小額で多額の資金を動かせるというメリットに加え、空売り注文ができることも特筆すべき点といえます。
空売り注文とは、保有していない通貨を先に売り、価格が下がっているタイミングで買い戻すことにより利益を得る注文方法です。このように売り買いの両方向で取引できるため、市場価格の上昇・下降に合わせて取引が可能となります。

大きな利益を期待できる一方で、大きな損失を生んでしまう可能性があることも注意しておかなければなりません。
保有資金以上の額で取引をして失敗すると、保有資金以上の損失を生んでしまうことになり、その損失額はレバレッジの倍率に比例して大きくなります。
例えば50万円の資金でレバレッジ取引をして100万円を損失していまうと、差額の50万円が追証として手元に舞い込みます。追証とは取引所に対しての借金を指し、追証が発生すると取引所に返済をしなければなりません。

また、各取引所が設定している損失額に達すると判断されればロスカットされることにも注意が必要です。
(ロスカットとは、損失拡大を防ぐため取引所が行う措置で、市場価格が下落した際に証拠金が失われないように途中で決済される仕組み)
ロスカット発動=すでに損失が発生していることになるので、芋づる式に追証発生のリスクを伴います。

レバレッジ取引にあたっては、徹底した資産管理の下で十分に注意しながら行いましょう。

ポイント!

・保有資金を取引所の口座に証拠金として預けることで担保とし、証拠金の数倍の金額で取引できる方法
・空売り注文できる
・ハイリスクハイリターン

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    利確とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リップル(XRP)とは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ライトニングネットワークとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ロードマップとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ライトコイン(LTC)とは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    リレー取引とは

PAGE TOP