暗号資産用語[あ行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

エスクローとは

エスクローとは、暗号資産(仮想通貨)取引における仲介サービスのことです。
売り手と買い手の間に第三者であるエスクロー業者が介入することで、決済の安全性を確保する目的で利用されています。
ちなみに「エスクロー(escrow)」は日本語で「預託」という意味。

エスクローの手順は以下の通りです。
———————————————-
エスクロー業者が買い手から購入分の代金を預かる
 ↓
売り手がエスクロー業者に入金されたことを確認し、買い手に商品を送る
 ↓
買い手が受け取ったことをエスクロー業者が確認
 ↓
エスクロー業者が売り手に代金を送金
———————————————-

この手順を暗号資産(仮想通貨)の取引に応用しています。
相手の顔が見えないオンライン上の取引はトラブルが常ですが、エスクロー業者の介入により売り手と買い手のリスクを回避することができるのです。
両者にメリットがあるため、ここ数年で着実に広まってきているサービスになります。

また、ビットコイン取引所などで提供されているマルチシグネチャー技術や、イーサリアムのスマートコントラクトを利用することでエスクロー業者を介入せずとも、より効率的にエスクローの形で取引することができます。

ポイント!

・暗号資産(仮想通貨)取引における仲介サービス
・売り手と買い手のリスクを回避できる
・マルチシグネチャー技術やイーサリアムのスマートコントラクトで代用可

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    暗号通貨交換業者とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    エアドロップとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    インカムゲインとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    相対取引とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    オーダーブックとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    エンジンコイン(ENJ)とは

PAGE TOP