暗号資産用語[あ行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

億り人とは

億り人とは、暗号資産(仮想通貨)取引に限らず、株式やFXなどで億単位の資産を築いた人のことを言います。
2017年は暗号資産(仮想通貨)元年と呼ばれ、代表銘柄であるビットコインの価格が高騰し、初期に参入したトレーダーの多くが億り人となりました。

しかし、2018年になるとビットコインの価格が大きく下落してしまいます。それを先読みし、急落前に利益を確定させて新たな投資を始められた人もいれば、急落に間に合わず大損してしまった人もいることでしょう。

うまく億単位の資産をキープすることができたとしても、その資産のすべてが自分の懐に入るわけではありません。暗号資産(仮想通貨)で得た利益は「雑所得」に分類され、課税することになります。利益を生めば生むほど課税額も増えますが、だいたい利益の半分ほどは課税対象となり納税しなければならないのです。そのため、納税後にいくら残るのか計算しながら投資していく必要があります。

現在では様々なアルトコインがあり、そこに投資すれば今からでも大きな利益を得られる見込みは十分にあります。当然ながらリスクは伴いますが、億り人を目指して暗号資産(仮想通貨)取引を始める人も多いようです。

ポイント!

●暗号資産(仮想通貨)や株式、FXなどで億単位の資産を築いた人のこと
●暗号資産(仮想通貨)で得た利益は「雑所得」に分類され、課税しなければならない

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    移動平均法とは(暗号資産・仮想通貨の用語)

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    エスクローとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    アドレスとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    イーサリアムとは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ウォレットとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    イーサリアムクラシックとは

PAGE TOP