暗号資産用語[は行]

暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

プラズマとは

プラズマ(Plasma)とは、イーサリアムスケーラビリティ問題を解決するために開発されたもので、トランザクションサイドチェーンで処理し、最終的なデータだけをメインのブロックチェーンに記録する技術のことを指します。
イーサリアムの創始者ヴィタリック・ブリテン氏とライトニングネットワークの共同開発者ジョセフ・プーン氏によって考案されました。

イーサリアムはDappsプラットフォームでもあるため、開発が進みユースケース(活用事例)が増えれば取引量も増えていき、スケーラビリティ問題に直面することになります。
プラズマチェーンは独自の仕様を持ち、スマートコントラクトを構築可能で、それらはメインチェーンに接続されているのです。取引にあたって、全てのチェーンの情報を読み込む必要がなくなることで、負担を最小限に抑えつつ取引量を増やすことが期待できます。

ポイント!

・トランザクションをサイドチェーンで処理し、最終的なデータだけをメインのブロックチェーンに記録する技術のこと
・イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発された

bitFlyer
bitbank
コインチェック
ビットポイント

関連記事

  1. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ハッシュ値とは

  2. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインアドレスとは

  3. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインとは

  4. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    販売所とは

  5. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    ビットコインキャッシュとは

  6. 暗号資産・仮想通貨ナビ[初心者に優しい、買い方・使い方]

    半減期とは

PAGE TOP